前へ
次へ

土地活用の種類はそれぞれあるから

土地活用にはさまざまな種類があるため、あらかじめ情報を確認して利用することや、自分の保有している土地がどんなものなのか確認しておくことが利便性の高いやり方につながるでしょう。
中長期的な副収入が見込める物として、アパート・マンション経営があります。
単純に集合住宅経営といっても、コレクティブハウスと呼ばれる北欧のような形式や、シェアハウスのような形、更に老人専用のマンションなど多く存在していますので、どのような形で住んでもらうのか、賃貸する時の住民を集める方法はどうなっているのかを確認しながら利用しましょう。
駐車場経営は一番利便性の高い上に、初期費用が少なく、最も利益率が高いものとして注目されています。
特に月極駐車場の場合は安定した収益が、コインパーキングの場合は場所によって莫大な利益率が期待出来るでしょう。
地域によってどちらがいいのかは異なりますが車がなければどこにもいけないような地域であれば、より効率よく利用することができるといわれているため、参考にしてください。

板画×倭画を作り続けた画家
こだわりの作品ぜひご覧ください

当スクールはネイティブ講師から英語を学びたい方におすすめです

オフィスエイジア
当社の源泉徴収票作成代行や給料明細書作成代行などの代行サービスは全国の方からご利用いただけます。

東京から日本の伝統をお届け
絵画の買取・販売で歴史ある絵を全国の皆様にご提供します

土地活用の中でもビジネスチャンスにつながる可能性が高いのは、店舗経営です。
店舗経営の中でも比較的フランチャイズの店舗となる場合には、土地があれば建物を建てるだけで済むため、比較的低価格で加入しやすくなるでしょう。
しかし、ノルマなどがあるフランチャイズの場合は、土地周辺の環境によって利用しやすいかどうかがはっきりするといいます。
そのため、テナントなどを入れて貸し店舗として運営することによって、賃貸料を取る形の経営をする人も少なくありません。
無人でもできる物としてあるのが、太陽光発電や貸し農園です。
ただし、太陽光発電に関しては企業との提携など多少契約に工夫が必要となる可能性が高いため、注意してください。
貸し農園の場合、個人に貸すのか、企業に貸すのかによっても料金が変わります。
更に、貸し倉庫やレンタルルームとして利用する方法もありますが、場所によっては利便性が低くなってしまう可能性もあるため、慎重に判断しましょう。

Page Top